60年、70年代の車達には現代の車にはない息吹を感じます。「絶版車」、「旧車」と言ってしまうにはおしいほど心惹かれるのは何故でしょう。ソレックス、ウェーバーからの吸気音や豪快なエキゾーストノート。
電子デバイスで装備された現在の車にはない、人間の感性に訴えかける車達です。60~70年代の車にはそういう魅力にあふれた車が沢山ありますね。
そんな車の「音」や「走行シーン」など当時の貴重な記録や、オリジナルを尊重した車、モディファイを加えた車の動画などを世界のエンスージアスト達がアップしてくれています。
*掲載終了してしまっている動画もあるかもしれませんが何とぞご容赦くださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車趣味のランキング

シェルビーコブラ 峠道

峠道を流すシェルビーコブラ。V8サウンドが聞けます!


車趣味のランキング

スポンサーサイト

シェルビーコブラチェイスアプリリアRSV

真っ赤なシェルビーコブラがアプリリアRSVを追走しています。


車趣味のランキング

シェルビーデイトナコブラクーペ

ミハエル・シューマッハが自分の誕生日に買ったという、シェルビーコブラデイトナクーペ。世界で6台しかないと言われるこの車。値段は数億円。貴重なこの車の説明(英語や走行シーンが見られます。 427コブラとランデブー走行しています。

車趣味のランキング

シェルビーコブラ427

ACエースのボディに7リッタ-425HPのエンジンを押し込んだ シェルビーコブラ427。1965年に登場したこの車。0-400を12秒台で駆け抜けるマッスルカー。走行シーンや車両の説明が見られます。V8サウンドがいい~!!

車趣味のランキング

シェルビーコブラ427

シェルビーとは、1950年代にレーサーとして活躍したキャロル・シェルビーが興したコンストラクターです。1962年英国製ACエースの車両にフォード製4リッターV8エンジンを搭載したACコブラが登場しまた、1965年には7リッターのエンジンを搭載するコブラ427が出ます。427というのは生産車両台数です。
コブラは爆発的なヒットとなり、クーペボディの車両はルマンなどで活躍、その他レースシーンにおいても世界選手権を獲得するなど大活躍を見せました。
さらに、フォードと共同でマスタング・ベースのGT350やGT500を発表しています。
シェルビーは1970年代に車両開発を一時辞めていましたが、1980年代になるとクライスラー依頼でバイパーの開発などに携わったこともあります。1990年代終盤に再度活動を開始し、コブラのリプロダクトや新開発のシェルビー・シリーズ1の生産を行っています。



この動画の車両は65年のコブラ427です。レストアされたシェルビーコブラ427のエキゾーストや走行シーンが見られます。




車趣味のランキング

フォードマスタングマッハ1 1969年 コマーシャル


1969年フォードマスタングマッハ1のアメリカのTVコマーシャルです。

車趣味のランキング

フェラーリ365GTB4 

フェラーリ365GTB4


4425×1760×1245mm
ホイールベース: 2400mm
重量: 1280kg
乗車定員: 2名
駆動: FR5速
エンジン: 水冷V型12気筒DOHC
排気量: 4390 cc
ボア×ストローク: 81×71mm
圧縮比: 8.8:1
燃料供給: ウェーバー40DCN20x6基
最高出力: 352PS/7500rpm
最大トルク: 43.9kgm/5500rpm
最高速度: 278km/h
サスペンション前/後: ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(前/後): ディスク
タイヤサイズ: 前後215/70VR15


275GTBに変って登場したフェラーリ365GTB4
1969年より、1974年までの間に1400台ほどが生産されました。アルミボディの職人に頼る部分が大きいその工程で正確に同じボディラインの固体は一台も無いと言われています。
デイトナの呼称で呼ばれることもありますが、正式名称ではなくデイトナレースで活躍していたので、プレスなどに呼ばれたことがきっかけらしいです。
この動画はフェラーリ365GTB4のエキゾースト、走行シーンなど
がばっちり観られます。後期型のリトラクタブルライトです。


車趣味のランキング

フェラーリ250GTO

大事な大事なフェラーリ250GTOを磨いているオーナー。そこへ車泥棒の「魔の手が」・・・・。気をつけましょう。


車趣味のランキング

フェラーリ250GTO

1962年に登場したフェラーリ250GTOの改良版がこちらです。ブラックの迫力あるフェラーリ250GTO。走行シーンやエンジン音は残念ながらありません。

車趣味のランキング

フェラーリ250GTO 

1962年に登場したフェラーリ250GTO。GTOとは Gran Turismo Omologata GTの中のGTGTという意味です。1962年から1964年にかけ36台あるいは39台が生産されたといわれ、何台が現存するかは不明です。ほとんどは各国の収集家とか博物館に展示されているものであり売り物として出たとしても、「億」単位のプライスがつくでしょう。これはフロントに通風口のある前期タイプ。
走行シーンはありません。また短い動画ですが、雰囲気だけでも・・・。




車趣味のランキング

フェラーリ250GTO (レプリカ)

ダットサンのフレームを使った、レプリカのようです。走行シーンあり


車趣味のランキング

フェラーリ250LM 

フェラーリ250LMを追う、フェラーリP4レプリカ。ランボルギーニV12のエンジンを積んでいるそうです。グリーンのフェラーリ250LMをオーバーテークするシーン。


車趣味のランキング

フェラーリ250LM

1947年からのフェラーリの歴史をノスタルジックな画像で振り返りながら、名車250LMが紹介されています。エキゾースト、走行シーンが見られます。<./P>

車趣味のランキング

nissan フェアレディ240Z 改

1971年製のフェアレディZ、L28エンジンにスワップしているようです。走行シーンはありません。


車趣味のランキング

nissan フェアレディ240Z 改

1971年製のフェアレディZ、L28エンジンにスワップしているようです。走行シーンはありません。


車趣味のランキング

フェアレディ240Z 紹介フィルム

フェアレディの開発からアメリカでの成功を紹介しています。
フェアレディは今までの日本車のイメージを変えた・・・・と。


車趣味のランキング

フェアレディ240Z コマーシャル

アメリカでのフェアレディzのコマーシャルです

車趣味のランキング

マツダ RX-3 サバンナ

走行シーンはありません(3分)独特なロータリーの音が良くわかります。まるでモーター。好きな方はたまらないでしょうね。


車趣味のランキング

マツダ サバンナRX-3

コスモスポーツ以来となるマツダRX3(サバンナ
は 1971年に登場しました。
スカイラインGT-R連戦連勝の壁を破ったのがこのサバンナRX3です。
エンジンは2ローターロータリーエンジンで105馬力、
最高速度175km/h、0-400m加速 15.9秒を実現
1972年9月に12A型エンジンを搭載したGTを追加しました。
こちらは、走行シーンはありません。13Bブリッジポートのチューンをしているようです。


車趣味のランキング

アルファロメオジュリアスーパー

峠道をクルージングするアルファロメオジュリアスーパー


車趣味のランキング

アルファロメオ 1300GT ジュニア

アルファロメオ1300GTジュニア,
走行映像はありません、エキゾーストノートだけでも。


車趣味のランキング

アルファロメオ ジュリアスーパーVSスプリントGT

アルファロメオジュリアスーパーVSアルファスプリントGT


車趣味のランキング

アルファロメオ ジュリアスーパーTI レーシング

アルファロメオジュリアスーパーTI

車趣味のランキング

ロータスセブン テクニシャン!

ロータスセブンを見事に操っています

車趣味のランキング

ロータスエランVSジャガーE

ロータスエランとジャガーEタイプのバトル


車趣味のランキング

ロータス(LOTUS)エラン ニュルブリンクリンク

ロータスエラン


車趣味のランキング

ポルシェ356C

64年に登場する、ポルシェ901に変る前の356の最終バージョン
ポルシェ356この丸っこさが魅力的です。

車趣味のランキング

ポルシェ911T

73年ポルシェ911Tの車内走行シーン。


タコメーターに注目


車趣味のランキング

ポルシェ914-6 走行映像

ポルシェエンジンを搭載したポルシェ914-6の走行車内映像です。フラット6の良い音がしています。


車趣味のランキング

ポルシェ914 パーツ紹介

ポルシェ914のパーツを説明しています。レストアをこれからする予定らしいです。ワーゲンポルシェの4発エンジンがわかります。


車趣味のランキング

絶版・名車動画カテゴリー
最近の記事
絶版・旧車名車 books

Appendix


旧車・絶版車販売


楽天

LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。