60年、70年代の車達には現代の車にはない息吹を感じます。「絶版車」、「旧車」と言ってしまうにはおしいほど心惹かれるのは何故でしょう。ソレックス、ウェーバーからの吸気音や豪快なエキゾーストノート。
電子デバイスで装備された現在の車にはない、人間の感性に訴えかける車達です。60~70年代の車にはそういう魅力にあふれた車が沢山ありますね。
そんな車の「音」や「走行シーン」など当時の貴重な記録や、オリジナルを尊重した車、モディファイを加えた車の動画などを世界のエンスージアスト達がアップしてくれています。
*掲載終了してしまっている動画もあるかもしれませんが何とぞご容赦くださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車趣味のランキング

ジャガーEタイプ シリーズⅠ ヒルクライム動画

ジャガーEタイプ シリーズⅠには3.8リッターと
4.2リッタータイプがありました。

同じL型6気筒DOHC。この映像は3.8リッターのクーペボディのジャガーEタイプシリーズⅠのヒルクライム映像。

DOHCの6発の音と走行シーンが見られます。

車趣味のランキング

スポンサーサイト

ジャガーEタイプ シリーズⅠ

ジャガーEタイプの初期、シリーズⅠの映像です。

L型6気筒3781CC,DOHCエンジン、265PSのロードスタータイプの美しいボディ。

バックミュージックが邪魔ですが、走行シーンが観られます。

車趣味のランキング

ジャガーEタイプVSロータス・エラン オンボード映像

ジャガーEタイプを追走するロータス・エランのサーキット恩ボード映像。直線では離されてしまいますが、コーナーで詰め寄るロータス・エラン。いい音してます。

車趣味のランキング

ジャガーEタイプ

ジャガーEタイプはシリーズⅠ~Ⅲまであり、それぞれのタイプに特徴があります。

ジャガーEタイプはロードスター、と言われるオープンボディとクローズとのクーペタイプ、2+2のクーペタイプのバリエーションがありました。

1961年に誕生したジャガーEタイプは1975年に生産終了するまで15年間作られました。

どちらかというとツアラーの性格の強いジャガーEタイプ
その優雅なデザインとシリーズⅢになって登場した5343ccSOHC、V型12気筒エンジンはスムース且つ
強力なエンジンで人々を魅了しました。

この映像はクーペボディのE-タイプ。
ロングノーズ、ショートデッキのジャガーEタイプでジムカーナでしょうか、こういうコースは苦手のような感じがします。


車趣味のランキング

オースチン・ヒーレー3000.・モディファイ

オースチン・ヒーレー3000・モディファイ。
エンジン換装なのか、ボディだけなのか詳細は不明です。
走行シーンはありません。

車趣味のランキング

オースチン・ヒーレー3000

1950年代終わりにオースチン・ヒーレー100の後を受け、

登場したオースチン・ヒーレー3000は1967年までMK-Ⅰ~MK-Ⅲ生産されました。

6気筒OHVエンジン、2912CCの排気量
初期には124PSであった馬力も最終型は150PSになっています。
この映像はオースチン・ヒーレーでタイムトライアルしている
映像、危なっかしいドライビング。タイプや年式は不明。



車趣味のランキング

トライアンフ TR6 動画

1969年、TR5に変わってTR6が登場します。
TR4/TR5をベースにドイツのカルマン社によってリ・デザインされ足回りも改善されました。

TR5から継承された直列6気筒 2500CCエンジン、150PSのスペック。

1976年まで生産されました。TR6をもってロードスタータイプの
トライアンフシリーズは終わりとなります。

このトライアンフ TR6の動画はちょい乗り風景動画ですが、
TR6のエキゾーストが聞けます。


車趣味のランキング

トライアンフ TR4 

絶版車のトライアンフ・TR4 魅力的なスタイルは今でもファンの多いことでしょう。

この動画は3分13秒でフレームまで腐ったトライアンフ・TR4をレストアする模様です。

エンジン音や走行シーンはありません。
こういう車があれば、現代、各メーカーから出される車・・・いりません。

車趣味のランキング

TR4 サリートップルーフ レーシング仕様動画

1961年に登場したTR4ミケロッティデザインの流麗なボディで
歴代トライアンフの中では一番の人気があった車です。

この動画はレーシング仕様として、バンパーなどを外してあります。
また、サリートップというとりはずしのできる、ハードトップをつけています。

走行シーンはないですし短いですが、いい音してます。




車趣味のランキング

トライアンフ TR4 ニュルブルクリンクオンボード動画

トライアンフTR4はTR3の跡をついで1961年に登場しました。ボディデザインはミケロッティによるものです。

TR3とボディは大幅に変わりましたがメカニカルな部分はトライアンフ・TR3を踏襲。

水冷直列4気筒OHV 2138CC 100PSのタイプと
オプションとして1991CCのモデルもありました。

1965年にTR4Aにかわるまで4万台が生産されました。
この動画はニュルブグリンクを疾走するトライアンフTR4のオンボード動画です。結構なスピードで色々な車をパスしていきます。



車趣味のランキング

絶版・名車動画カテゴリー
最近の記事
絶版・旧車名車 books

Appendix


旧車・絶版車販売


楽天

LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。