60年、70年代の車達には現代の車にはない息吹を感じます。「絶版車」、「旧車」と言ってしまうにはおしいほど心惹かれるのは何故でしょう。ソレックス、ウェーバーからの吸気音や豪快なエキゾーストノート。
電子デバイスで装備された現在の車にはない、人間の感性に訴えかける車達です。60~70年代の車にはそういう魅力にあふれた車が沢山ありますね。
そんな車の「音」や「走行シーン」など当時の貴重な記録や、オリジナルを尊重した車、モディファイを加えた車の動画などを世界のエンスージアスト達がアップしてくれています。
*掲載終了してしまっている動画もあるかもしれませんが何とぞご容赦くださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車趣味のランキング

ポルシェ 908・917K

1969年、ポルシェは908のクーペボディ・ロングテールと
新しく開発したスパイダーバージョン908/02/を送り出しました。

スパイダーバージョンは空力は劣るもののロングテールの
クローズドボディの908よりも60Kgほど軽量化できることを優先したのです。上部がフラットであることから、ヒラメと呼ばれました。

空冷水平対向8気筒
DOHC・2921CC
出力:350HP/8400rpm
タイヤ径:15インチ
車重:600kg

1969年のセブリングでデビューしたポルシェ908スパイダー
ニュルブルクリンクでシーズン4勝目をあげ、ポルシェにマニュファクチャーチャンプを決めたのです。

この車はニュルブルクリンクで優勝したシフェール/レッドマン組の車のようです(塗装だけ?)

もう一台クーペボディの車両はポルシェ917K
1969年にポルシェは908と並行してポルシェ917Kをデビューさせました。

ポルシェ908の8気筒エンジンに4気筒追加し4.5リッター12気筒エンジンの917はライバルのフォードGT40やローラT70より

も排気量は小さかったのですが、馬力は勝っていました。熟成期間が短く70年には力を出し切れず目だった戦績を残せなかったのですが、1

970年に4.9リッター600PSまでアップされた917Kが同年のル・マンにてポルシェの初勝利をもたらしました。ポルシェ917

にはロングテールタイプとショートテールタイプがあり、ロングテールタイプは空力がすぐれ最高速でも40キロほどショートテール

よりも早かったようです。ル・マンのユーノディールの直線でロングテール383Km/h、ショートテールは340Km/h。

この映像の車両は1971年にル・マンで2位を得たアトウッド/ミューラー組の917Kのようです。

この時の優勝車両は1970年のル・マン初優勝に続き2戦連続優勝
をもたらした、マルティーニチームのポルシェ917Kです。

1971年ポルシェ917K
空冷水平対向12気筒
排気量:4998CC
出力:630PS・8300rpm

あと1台ポルシェの70年代中盤から活躍した935もチラッと見えています。
歴戦の名車が残っているんですね~、実車かどうかは分かりません
がすばらしい。

スポンサーサイト

車趣味のランキング

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://enthuvideo.blog91.fc2.com/tb.php/106-87b49548
絶版・名車動画カテゴリー
最近の記事
絶版・旧車名車 books

Appendix


旧車・絶版車販売


楽天

LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。